ラクトフェリン

ラクトフェリンが注目されてます!

 

注目の成分「ラクトフェリン」に注目が集まっています!

 

ラクトフェリンは、タンパク質の一つですが、人や動物の「乳」に多く含まれている成分です。特に、初めて赤ちゃんが飲む「初乳」に特に多く含まれています。

 

それは、ラクトフェリンが生まれたばかりの乳児をさまざまな感染症から守っているものと考えられています。

 

ラクトフェリンは、「乳」以外では、涙、唾液、鼻汁、胆汁、羊水など、体のほとんどの外分泌液中に含まれ、血液中にも含まれています。

ラクトフェリンとは・・・

ラクトフェリンは1939年にデンマークのゼーレンセン博士によって、牛乳の中から赤い色をしたタンパク質として発見されました。その後の研究から、鉄を結合する性質を持っていることが分かり、ラクト(乳)とフェリン(鉄と結合するタンパク質)をつなげて、ラクトフェリンという名前が付けられました。これまで世界各国での研究により、ラクトフェリンのさまざまな生理機能が明らかにされています。生体防御に重要な役割を果たす物質として注目されています。その他、ビフィズス菌の増殖、鉄結合能と関連する鉄吸収調節、抗炎症作用などの健康を維持・増進する作用が知られています。(引用:http://www.m-lf.jp/about.html

 

ラクトフェリンは驚くべき働きが多く報告されてます!

ラクトフェリンは、多くの機関で研究された結果、驚くような働きが多くあると報告されています。代表的ものを紹介します。

細菌に対する抗菌作用が報告されてる

ラクトフェリンは、強力な抗菌作用が有ると言われています。多くの細菌は、生育に鉄が必要である。トランスフェリンと同様、ラクトフェリンは鉄を奪い去ることで、細菌の増殖を抑制するとい言われています。

 

ウイルスの感染を抑制すと報告されてる

ラクトフェリンは消化管細胞の表面に結合することで、ノロウイルスやロタウイルスの細胞への感染を防ぎ、発症した場合でも症状を緩和する報告がある。

 

免疫系に対する効果が報告されてる

ラクトフェリンには、免疫にかかわる細胞の増殖を促進する働きあると言われています。

 

抗ガンの作用が報告されてる

化学物質投与によるラットの大腸発がんモデル・肺発がんモデルやマウスの大腸癌転移モデルにおいて、ウシラクトフェリンの経口投与は、発がんや腫瘍の転移を抑制する効果が報告されている。

 

ダイエット効果・脂質代謝改善効果

今、注目されてるダイエットのがダイエット効果です。脂肪前駆細胞から成熟脂肪細胞への分化の過程で、ラクトフェリンを培養液に添加すると脂肪滴陽性細胞の数が減少する。マウスにラクトフェリンを経口投与すると、血液中の中性脂肪と遊離脂肪酸が減少し、肝臓中の中性脂肪とコレステロールが減少すると報告されています。

 

(参考:wiki

 

ラクトフェリンのダイエット効果に注目!

 

ラクトフェリンの期待できる効能として「ダイエット効果」があります。

 

ダイエットとっても、内臓脂肪に働きかける、「脂質代謝改善効果」と言えるものです。

 

今、ラクトフェリンは、内臓脂肪が気になる方に、大注目の成分になっています。

 

歯磨・シャンプー・健康食品などで有名な「ライオン」では、独自の研究で、ランクトフェリンを毎日、摂取した場合、内臓脂肪の低減を確認しています。

ライオンの「ラクトフェリンが、内臓脂肪・高めのBM2を改善:「ラクトフェリン」を毎日摂取した結果、腹部の内臓脂肪面積の低減が確認されました。(引用:http://www.lionshop.jp/wellness/lactoferrin/reason_1/#pagetab

 

ライオンでは、独自の技術で、腸まで届くラクトフェリンのサプリを開発して、販売しています。

 

このラクトフェリンサプリは、「機能性表示食品」として、業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出しています。

 

このことからも、ラクトフェリンには、ダイエット効果が期待できると言えます。

 

ラクトフェリンを摂取する方法

 

ラクトフェリンを摂取する方法について簡単に説明します。

 

ラクトフェリンを摂取する方法は、食べ物で摂取するか、サプリメントなどの健康食品で摂取する方法に分けられます。

 

ラクトフェリンを多く含む食品

ラクトフェリンは、母乳、それも初乳にもっとも多く含まれていると言われています。牛乳やチーズなどの乳製品全般に含まれています。しかし、ラクトフェリンは、熱に非常に弱く、加熱殺菌されている乳製品には、ごく微量しかラクトフェリンは含まれていないと考えられます。

ラクトフェリンを摂取できる健康食品

ラクトフェリンを摂取出来る健康食品とは、ラクトフェリンを配合した、サプリメントやドンリンク、ヨーグルトなどをいいます。

※ラクトフェリンの恩恵を、積極的に得ようとした場合には、ラクトフェリンの配合量の多いサプリメントを飲むのがオススメです。

次に、ラクトフェリンを効率よく摂取するのに、おすすめのラクトフェリンサプリを紹介します。

 

ラクトフェリン【サプリ】のおすすめ

 

ラクトフェリンのサプリメントのおすすめを紹介します。

 

  1. ライオン ラクトフェリン
  2. 森永乳業 ラクトフェリン
  3. 濃純ラクトフェリン美肌MAX
 

ラクトフェリンの安全性と副作用

ラクトフェリンには副作用や安全性は大丈夫なのでしょうか?

 

ラクトフェリンが配合されている商品によるなんらかの、不都合や問題は当方の調べでは報告されいないようです。

 

有名各社でも確認した結果、安全性が確認されています。

 

「ライオン」の見解

ラクトフェリンを配合した健康食品を開発するため、多くの研究員による長い歳月をかけた緻密な実験と検証が行われました。想定されるあらゆる条件や仮説のもとで、成分の有用性や安全性、品質を確認。地道な研究と実験によって『ナイスリムエッセンス ラクトフェリン』が誕生しました。ライオンの健康食品は、独自に設けた検査基準で厳しく評価しています。一項目でも条件や基準に満たなければ、製品化は中断。すべてはお客様のご満足のために、妥協のない製品開発に努めています。(引用:http://www.lionshop.jp/wellness/lactoferrin/reason_4/

「森永」の見解

一般に、長い食経験がある食品成分は安全であると認識されています。ラクトフェリンは牛乳由来の成分であり、未加熱の牛乳には 10 〜 40mg / 100mL 、ナチュラルチーズには約 300mg / 100g が含まれていることから、乳製品を常食としている民族では古くからラクトフェリン摂取の歴史があると考えられます。また、牛乳由来の精製ラクトフェリンに関しては種々の毒性試験が実施されており、安全性に問題の無いことが確認されています。ただし、ラクトフェリンは牛乳たんぱく質なので、牛乳アレルギーの方にはお勧めできません。 尚、現在「腸溶性ラクトフェリン」というものが販売されていますが、これは特殊な加工をすることで体内に取り込まれる性質を持つとされており、私どもでは安全性について確認しておりません(引用:https://kenko.morinagamilk.co.jp/faq/?faq_id=44

以上のように、日本国内の大手メーカのラクトフェリンならなんら安全性に問題はないと思われます。

まとめ

 

ラクトフェリンについて説明してきましが、如何でしたでしょうか?

 

ラクトフェリンにはさまざまな効能があることを説明してきました。

 

もし、元気な生活を送りたい、内臓脂肪が気になるなど、心当たりのある方は、是非、このチャンスにラクトフェリンにチャレンジしてみてください。

 

ラクトフェリンは生活の中に取り入れて、健康的な身体作りをサポートしてくれるはずです。

 

 

 

最後に・・・。

 

当サイトに訪れて頂きありがとうございます。

 

皆様が、元気で健康的な生活が送れますようにお祈り申し上げます。

 

 

 

 
更新履歴