ラクトフェリンのウイルス感染予防の効果

ラクトフェリンのウイルス感染予防の効果

 

ラクトフェリンの効果としてウイルス感染予防が期待できると言われています。

 

ラクトフェリンは消化管細胞の表面に結合することで、ノロウイルスやロタウイルスの細胞への感染を防ぎ、発症した場合でも症状を緩和するという報告もあります。

 

しかし、ラクトフェリンを飲んでいれば、ウイルス感染しないとか、病気が治るなどと言うことはありません。

 

毎日、ラクトフェリンを飲むことで、ウイルス感染しにくくなることが、期待できるということです。

 

ウイルス感染を予防する為には、しっかりと対策する必要があります。

 

その対策の、ひとつとしてランクトフェリンの日々飲むのはよいかもしれません。

 

ウイルスの感染を抑制すと報告されてる

ラクトフェリンはC型肝炎ウイルス(HCV)のエンべロープに結合することで、標的細胞への浸入を阻害する[1][2]。ウシラクトフェリンをC型肝炎の患者に経口投与すると、血中のHCV濃度が低下することが報告されている。ラクトフェリンはHCVの他、B型肝炎ウイルス(HBV)・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)・単純ヘルペスウイルス(HSV)・ヒトサイトメガロウイルス(CMV)・ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV)の複製を阻害することが明らかになっている]。また、ラクトフェリンは消化管細胞の表面に結合することで、ノロウイルスやロタウイルスの細胞への感染を防ぎ、発症した場合でも症状を緩和する報告がある。(引用:wiki

 

島崎敬一「ミルクのラクトフェリン」、『乳業技術』第51巻、日本乳業技術協会、2001年、 1-21頁

 

金完燮、島崎敬一 「ラクトフェリンと微生物の攻防 その多様性」『ラクトフェリン2007 :ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ』 第2回ラクトフェリンフォーラム実行委員会編、日本医学館、東京、2007年、9-17頁

 

新光一郎・若林裕之「ラクトフェリンのノロウイルスなどへの感染防御作用」、『Food Style 21』第17巻、日本食品化学新聞社、2013年、 70-71頁。

 

江頭昌典、森内昌子・森内浩幸 「ラクトフェリンによるロタウィルス下痢症の予防・軽症化効果」『ラクトフェリン2007 :ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ』 日本ラクトフェリン学会第2回学術集会実行委員会編、日本医学館、東京、2007年、162-165頁。

 

関連ページ

ラクトフェリンのダイエット効果について
ラクトフェリンのダイエット効果について説明します。
ラクトフェリンの貧血改善の効果
ラクトフェリンの貧血改善の効果について説明します。
ラクトフェリンのウアレルギーの緩和作用
ラクトフェリンのウアレルギーの緩和作用について説明します。